チャーシューダレを使った半熟味玉の作り方

こんにちは、yunaです。このブログでは理系大学院卒の私が、科学的な視点から様々な料理のレシピを紹介していきます。 今回はチャーシューのたれを使った味玉の作り方、レシピの紹介です。チャーシューダレにゆで卵を漬け込むだけで、おいしい味玉を作...

チャーシューの煮汁を使った油そばの作り方

チャーシューの煮汁を使った油そばの作り方、レシピです。 チャーシューの煮汁を使うことで、豚のうまみのある油そばに仕上げることができます。 煮汁とラードをしっかり乳化させ、コロイド溶液にすることがこのレシピのポイントです。

チャーシュー用ブロック肉の選び方

チャーシューを作ろうとしたとき、どの部位のブロック肉を選んだらよいか迷うことがあると思います。 どんな食感のチャーシューを作りたいかによって選び方が決まってくるので、今回は調理法に応じた選び方を紹介していきます。 チャーシュー用ブロック肉を選ぶ際の参考になれば幸いです。

自由エネルギーとは

自由エネルギーとは何か、自由エネルギーという概念を導入するメリットについて、孤立系である宇宙のエントロピーの観点からお話します。この記事を読んで、自由エネルギーの理解を深めてください。

チャーシューを解凍する方法について

冷凍保存されたチャーシューをおいしく解凍する方法についてご紹介します。 チャーシューを解凍するときも冷凍するときと同じく、氷の結晶成長/融解のコントロールが重要になってきます。 ここで紹介する解凍方法はチャーシューだけでなく、生の肉や魚にも応用できるので、解凍の仕方をしっかり理解しておいしい食材を長く楽しみましょう。

チャーシューの保存法【冷凍or冷蔵】

チャーシューの保存法は冷蔵がよいのか、冷凍がよいのかについて議論していきます。食品を冷凍する際には液体の水から氷の結晶核が核形成し、結晶成長していくプロセスを考えなければなりません。チャーシューの部位、調理法によって保存法は異なってくるので、このあたりを紹介していきます。

とろとろチャーシューの作り方

豚バラブロック肉を使ったとろとろチャーシューの作り方、レシピついてご紹介いたします。 コラーゲンの多い豚バラブロック肉は、ゼラチン化させることで柔らかく調理することができます。 コラーゲンの変性温度に着目して、とろとろチャーシューを作りましょう。

チャーシューの縛り方

チャーシュー等を作る際にはブロック肉を加熱しなければならないのですが、お肉を縛ることでホロホロに崩れてしまう直前まで加熱することができます。 縛り方にもいろいろな縛り方があるので、そのうちいくつかをご紹介いたします。

真空調理、低温調理のための真空パック法

真空調理、低温調理のための真空パック法を紹介します。真空調理、低温調理とは、食材を密封できる袋に入れて空気を抜き、100℃以下の低温で食材を加熱する方法です。真空調理はまず食材を袋に入れ、空気を抜くところからはじまるのですが、今回はこの真空パックする方法をいろいろ紹介していきたいと思います。

豆鼓醤の作り方

中華料理に用いられる発酵食材、豆鼓を使った豆鼓醤の作り方、レシピの紹介です。 麻婆豆腐や担々麺、回鍋肉に辛み、旨みをプラスする名脇役ですので、是非とも作ってストックしておきましょう。
スポンサーリンク